お買物ガイド

御贈答品のしきたりとマナー(のし紙の選び方)

各種お祝い・出産祝い・結婚祝い

無地のし【蝶結び・結切り】 出産のお祝い 結婚のお祝い
何度あってもめでたいことのお祝いは、蝶結びの「水引」で。一度きりにしたいお祝いは、結切りの「水引」で贈ります。

【水引の上】
「御出産御祝(蝶結び)」「御結婚御祝(結切り10本)」「御祝(ご用途により蝶または結切)」などと入れます。
【水引の下】
姓または、姓名を入れます。連名にされる場合は次の行に続けて入力します。
  • のし
  • のし
  • のし
お中元・お歳暮

御中元・御歳暮【蝶結び】  御年賀【蕨のし】
蝶結び:蝶結びは「ほどいて何度でも結べる」ため「何度あっても御目出度い(おめでたい)」ことを祝うのに利用します。

【水引の上】
「御中元」「御歳暮」などと入れます。
【水引の下】
送り主の名前、または企業名を書きます。
  • のし
  • のし
  • のし
記念品・プレゼント

粗品【蝶結び】 メッセージカード 無地のし【蝶結び・結切り】
何度あってもめでたいことのお祝いは、蝶結びの「水引」で。一度きりにしたいお祝いは、結切りの「水引」で贈ります。

【水引の上】
「粗品」「御祝」などと入れます。
【水引の下】
氏名を書きます。会社などの肩書きを加える場合は、氏名の右側に小さい文字で入れます。
  • のし
  • のし
  • のし
出産祝いのお返し(出産内祝い)・節句のお返し

蝶結び:蝶結びは「ほどいて何度でも結べる」ため「何度あっても御目出度い(おめでたい)」ことを祝うのに利用します。
※出産内祝(左側の写真)は、金色の文字で内祝と印字された絵柄のしでご用意します。
商品サイズにより一部「蝶結び」ののし紙とさせて頂くことがございます。

【水引の上】
「内祝」などと入れます。
【水引の下】
お子様のお名前が入ります。振り仮名を入れる場合には「太郎(たろう)」のように入力してください。
  • のし
  • のし
  • のし
結婚内祝い・引き出物

婚礼のお返し
結び切り10本:結び切りもしくは、あわび結びの「水引」は一度きりにしたいお祝ごとに利用します。
婚礼では二人が固く結ばれるとの願いを込めて10本を利用します。

【水引の上】
「寿」「内祝」「結婚内祝」などと入れます。
【水引の下】
氏名を入れます。
  • のし
  • のし
  • のし
新築内祝い・引っ越し祝いのお返し

新築のお返し・内祝い
蝶結び:蝶結びは「ほどいて何度でも結べる」ため「何度あっても御目出度い(おめでたい)」ことを祝うのに利用します。

【水引の上】
「内祝」「新築内祝」「御挨拶」などと入れます。
【水引の下】
姓または、姓名を入れます。また、会社名・肩書きを加える場合は、姓名の前に入力します。
  • のし
  • のし
  • のし
快気祝い・お見舞いのお返し

結び切り5本:結び切りの「水引」は一度きりにしたい事に利用します。

【水引の上】
「快気祝」「快気内祝」(全快のとき)または「御見舞御礼」(全快しないとき)などと入れます。
【水引の下】
姓または、姓名を入れます。また、会社名・肩書きを加える場合は、姓名の前に入力します。
  • のし
  • のし
  • のし
香典返し・法事の引き出物

弔事のお返し
結び切り:一度きりにしたいという気持ちを込め、結び切りの「水引」を利用します。

【水引の上】
香典返しの場合、「志(宗教問わず)」「偲び草(キリスト教)」などを使い分けます。「忌明」「満中陰志」は仏式の香典返しや法要引き出物の場合、「粗供養」「供養志」は仏式の法要引き出物の場合に使います。
【水引の下】
香典返しの場合は喪家の姓を、法要引き出物の場合は施主名を入れます。
  • のし
  • のし
  • のし